diary
今日は何があったかというと...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.29
今日は良い肉の日かぁ~




スポンサーサイト
2010.11.28
未熟な私

合気道の神と言われた人が弟子に聞かれました

弟子「最強の技ってありますか?」

神「それは自分を殺しに来た者と友達になること」



わっほー


今日も納得できないことはあった

でも

順序がること

最後に笑えること

想像していかななー




2010.11.26
東京から来られた リンリンコリンズ凛凛さんのオープニングアクトをさせていただきました!

なんだか気の強そうなお姉さんでちょっとビビッテましたけど

ビールおごってくれた~(=良い人)


これも
リンリンコリンズ凛凛さんのバンドで大瀧さんがベースバトルに参加した、そのお礼ということで
(=大瀧さんは車で来ていたので飲めなかった)いただきました!(=僕ってラッキー)





今日はoritoさんが最後にライブした場所 third stoneでのライブ
oritoさんに関わった人たちに会うことができ嬉しかった。


どんな人だったのでしょう


さてがんばるぞ










2010.11.26
11月最後のWeekly Liveも無事終わりましたね

さて あと残すとこ5回ですね


ほんとお世話になりました。
2010.11.24
元気は何で補給できるかはわかりませんね

今日は12/12にライブする摂津の5HANへベースの大瀧氏と打ち合わせに行ってきました

とっても落ち着くお店でしたよ~



皆さん遊びに来てくださいね!


さて

今週の栗田はこちらで歌います
もちろんベースは大瀧義和ですね!



11月26日 THIRD STONE
大阪市北区神山町9-6カーサ梅田B2-1 Tel 06-6365-7177


open 18:30 start 19:00
 

リンリンコリンズ凛凛(vo) /仲谷比呂志(dr)/せきこ~ぢ(g)

白神ユカ子(key) /西田あぐり(cho)  and more......

O.A 栗田裕希 & 大瀧義和(Ba)

投げ銭(要ドリンクオーダー)


11月28日 ダイニングバーG  
(阪急「豊中駅」より徒歩5分 大阪府豊中市本町3-14-7ギャラクシー豊中本町ビル1F) 


ゆづけやき/松本誉臣/栗田裕希

open 18:30 start 19:30 charge 1500yen(d別)

2010.11.21
日記をかけばケンちゃんが登場してしまうけれど
ためらわず書こう

11/20は無事、栗田裕希バンド4人でライブができた。

びっくりするぐらい僕らの演奏に溶け込んで来たけんちゃんの録音

本当にそこにリアルタイムで演奏しているかのようだった。


茨木の皆さんにけんちゃんの音、栗田バンドの音を聞いてもらいたい一心だった
蛍池のPUBLICに来ていただいた人にも確かにけんちゃんの音を体感してもらった
それはただ聞くにとどまらず体感するものだったはず


とにかく とにかく 前へ 前へ!















2010.11.18
けんちゃんが亡くなったり じいちゃんが亡くなったり
いろいろあってから初めてWeekly Live

いろんな気持ちが隠せないけれど
またお客さんに助けられました 息吹を与えていただきました。

Weekly live
は年内で終了することに決めました。


残りを精一杯やらせていただきます。



2010.11.15
しばらくこのまま

今日は十三でライブしてきました。

ケンちゃんを追っかけていた当時、loulと対バンで出ていた うい さんに会った

けんちゃんがいたら メールで うい さんに会ったと 伝えていただろう


ういサン 僕のイベントに来てくれたらよいなー


MANCLASSにも行った 探しものはあった



クロスロードで会わない人に無理に声をかけたりしないし

もう一度会った人には情が出てしまうんだ

それだけのことですね

2010.11.10
11月1日にけんちゃん、KEN中島が亡くなってから その後も忙しくさせてもらっていたので
あっという間に月日が流れてしまったようです。

何をしている時も常にけんちゃんのことは頭から離れません。


他の人の死と一緒にしたらダメなのかもしれませんが

僕がこういう活動を始めるにあたってヒントをくれたソウルシンガーORITOさんの死。
僕はこの人を間近で見るチャンスを自ら逃した。人の死が突然やってくることを知った。

そしてけんちゃんと並んでギターヒーロー塩次伸二さんの死。
何度もその人の音を聞きに行った いつか一緒にプレイしたいと夢描いていた。


そしてこの二人の死が僕を駆り立てたこと、、
それは僕が信じて疑わなかったKEN中島のサウンドをもっと近くで感じること

ドキドキしたけど僕のCDどうやって作ってよいかわからなくてケンちゃんに相談しに行った日。
何度も何度も思い出すけど

それがあるから僕も強くなれるような気がしてます。

ありがとう。

ま、これからまだまだいろんなとこに連れて行ってあげるよ!!!


(偉そうに、、、、)

皆さんいらしてくださいね!
けんちゃんも連れて行きます!


2010.11.20

JK茨木

栗田裕希BAND
大瀧義和(Ba) 入部智之(Dr) KEN中島(Gt)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。